神奈川エンブレムのプライド

2日、3日とおこなわれた神奈川選抜招待大会を3日に見に行きました。
神奈川Aに選ばれている6年葵、千紘。神奈川Bの5年那奈、そよ風。

チームの選手達を連れ3試合を観戦しました。
神奈川B vs 長野

兵庫  vs 千葉

神奈川A vs 大阪

 

長野の全員が連動し攻撃を繰り出すサッカー。

兵庫の中盤をつとめる選手のバランスをとるポディショニングや常にボールを受けようとする動き、チャンスという場面でスピードアップする動きの緩急。

最後に観た葵がスタメンに名を連ねた準決勝の大阪戦。
神奈川の連動し、スピード感の溢れる攻撃に衝撃を受けました。
スピード感がある中にもボールを失わないコントロールであったり、球際での強さを感じました。
大阪の中心となる選手にも衝撃を受けました。
小学年代女子でボールが浮いてる状態でも仕事が出来る選手を初めて見ました。処理の早さ、力強さ、パスの長短・緩急などといったプレーを兼ねそろえた選手でした。
結果、逆転での1-2で敗戦してしまいましたが、葵の1対1での強さ、カバーリング、ロングフィード、統率。際立ったプレーを見る事が出来ました。
神奈川Aの監督をつとめる石野監督。FC厚木ガールズが目指すサッカーがそこにはありました。
赤のユニフォームを着た神奈川の選手達の誇りと絆から多くの事を学びました。